考えるヒロ 名言・ポエム・政治

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリジナル名言集・格言集1500句+時々ポエム、あと政治社会。

5年以上かけ制作したオリジナル名言集・格言集1500句やオリジナル詩(オリジナルポエム)と独自の観点で政治・社会等に関する記事も公開しています。

仕事のオリジナル名言集・格言集407句

スポンサーリンク

32010732_05bfe8eba7_o

Photo Some rights reserved by marttj

「勤労こそ、唯一、人生を確かなものにする。」

「社会というものは、唯一、労働によって保たれている。労働こそ真に尊いものだ。」

「社会は労働者のおかげで成り立っています。 もし、この世から労働者がいなくなってしまったら、 社会のシステムと機能は停止し、麻痺してしまうことでしょう。 …。思うに、この労働者がいる場合といない場合との差が、 労働者の価値であると言えましょう。」

「貴方が毎日嫌気を起こしている同じ仕事、同じ業務、同じ作業内容こそが、 社会というシステムを維持する重要な要素となっていることを、 ゆめゆめ忘れてはならない。」

「労働を軽んじる社会は発展することが無い。」

「好きだからだけでは勤まらない、そこに能力が伴わなければ。」

「日々の労働の後の食事は楽しく、美味しい。」

「「商品」は労働成果の結晶物である。」

「良い仕事は必ず誰かが見ている。手を抜いてはならない。」

「仕事を愛せば、仕事もそれに答えてくれるだろう。」

「仕事のどこかを好きになれなければ、 嫌なことや困難を上手く乗り越えることは出来ない。」

「仕事中はもちろんのこと、 仕事の始めと終わりは最も気を付けなければならない。」

「仕事を持たぬ者は、人生の半分を無意味に過ごしている。」

「仕事に充実を、家庭に安らぎを、人生に目標を持たぬ者は、既に難破している。」

「もし、全ての人々が真剣に彼らの仕事を行っていたとしたら、 世界は一層の進歩と発展を遂げ、より良いものとなっていたことでしょう。」

「仕事が変われば、人生も変わる。」

「利益ばかり追うな、仕事を追え。」

「利益主義は人の言動を近視眼的にする。」

「忙しいと言っているうちは、忙しいとは言えない。 本当に忙しかったら、そんなことを言う暇さえないだろうから。」

「真っ当な仕事や目標なら、全(まっと)うすることはさして難しいことではないでしょう。」

「同じ仕事を行う者は社会を維持し、破壊と創造を行う者は世界を変える。」

「世界を変えるためには、破壊するだけや創造するだけでは駄目だ。 破壊と創造がセットにならなければならない。」

「迫害は改革者の宿命である。」

「改革が丸め込まれると、改良に終わってしまう。」

「頑迷な反対派を説き伏せるより、熱烈な支持者を増やすべきだ。」

「姿勢の悪さは、仕事や勉強に対する姿勢の悪さとなって現れる。」

「嘘は口から出る偽造通貨のような物だ。 どちらも発覚すればただでは済まされない。」

「嘘で塗り固められた仮面は、真実を見た時、脆(もろ)くも崩れ去る。」

「無断で行うことは、札束が詰まった財布から一枚抜き取ることと同じく非難される べきことであり、許されることではない。」

「当たり前と思われることを、当たり前にしっかりと行うことこそが 一番重要であり、一番難しいことなのだ。」

「当たり前のことを当たり前に続ける。それを私は凡の非凡と呼んでいます。」

「物事はなるべくシンプルにすべきだ。何故なら、自分の能力を超えて物事を複雑にし過ぎると、自分はおろか誰も把握し管理することが出来なくなるから。」

「時には真剣に、そして献身的に、 人は物事に取り組むことを学ばなければならない。」

「汝の真剣さは、やがて神剣となりて汝の行く手を切り開かん。」

「相手の態度を改めさせたいのなら、まず、自分の態度を改めるべきだ。」

「相手に読まれるのではなく、相手を読まなければならない。」

「身だしなみを整えることも、相手への礼儀の一つである。」

「他人は自分が思った通りにはならないが、 自分自身は自分が思ったとおりにすることが出来る。」

「何者も、知らぬ者とは語り得(え)ない。」(その者が何者であるか、職業、年齢、性別、国籍等を知らなければ、会話どころか挨拶することさえままならないということ。)

「その者を知る為には、まずその者が何に興味を示すか見よ。」

「おもてなしは、もてなす相手をよく知り、よく調べることから始まる。」

「魚と情報は鮮度が命。」

「理論だけでは駄目だ。感情だけでも駄目だ。 人を説得し、動かすためには、その両方が必要となるのだ。」

「感情を制御することは重要であるが、適切に表現することもまた重要である。」

「貶すことは容易(たやす)い、正しく褒(ほ)めることは難しい。」

「決断を先延ばしにすればする程、大きな危機が訪れる。」

「私は最大の危機に対してよりも、最大の危機に際して全く危機意識を感じない者達に対して最大の危機感を抱く。」

「万人を満足させる料理は無いように、万人を満足させる解決法は無い。」

「人脈を作りたかったら、目上の人に小さなことでも良いから借りを作り、 返すだけでなくお礼に自分持ちでその人を食事に誘うくらいして、 自分できっかけを作らなければ目上の人と人脈を築くことは難しい。」

「上から司る→上司。部を下から支える→部下。」

「部下のやる気や能力を引き出す上司は良い上司である。」

「彼は権力において他の者に勝ることがあっても、権利において他の者に勝ることが無いのである。」

「歳を重ねたり、地位や役職が上がれば、言動の影響力が増し重みも出てくる。 それを自覚し言行に責任を持つということこそが、真の大人と言うものである。」

「偉大な地位には偉大な責任が伴う。」「Great position, Great responsibility.」

「マイナスの言動はマイナスの結果を生み、プラスの言動はプラスの結果を生みだす。」

「人は自身の言動を、批判的精神を持って検証しなければならない。新たな失態を演じる前に。」

「人はまだ起きてもいない結果にばかり目が行き、肝心の結果を起こす原因に目をあまり向けようとしない。」

「0から1を生み出した者を、次に1を10或いは100へと変えた者を褒め称えよ。」

「起業はチームを作り、実務、資金、アイデアを分担しなければならない。」

「実力者ばかりで出来た起業のチームは続かない、 何故なら、その実力故に彼らは自分一人で出来ると考え、 意見の衝突等のちょっとしたきっかけによりチームを離れてしまうことがあるから。」

「実力者よりやる気のある人を育てた方が長く居てくれるものだ。」

「事業に必要なのは妻子ではない。事業を理解し、支えてくれるパートナーである。」

「偉大な精神が、偉大な事業を成し得(え)る。」

「金ある者は金を出せ、金無き者は知恵を出せ、 知恵無き者は勇気出せ、勇気無き者去って行け。」

「勇気は栄光を、知恵は栄冠を、富は繁栄をもたらす。」

「いかに大きなスケールで物事を考えるか…。偉大さの指標である。」

「向かい風は強ければ強いほどよい、何故なら、その風を上手く利用すれば 貴方は誰よりも高く、より高く、空へと舞い上がることが出来るから。」 「仕事で逆風が強くても落胆する必要は無い。 逆風が強いなら風車を立てて発電してやればよい。 つまり、逆風でさえも自分の力に変えて、 仕事を成し遂げればよいということである。」

「逆風の一つや二つ吹かないプロジェクトは、大したプロジェクトではない。」

「自分で問題を入れ、蓋(ふた)をしておいて、溢(あふ)れ出した途端に文句を言う人がいる。」

「指導者に必要なものは何か? 知識、経験、熱意、情熱、勇気、徳性、 強い意志、自制心、肉体的精神的体力、 胆力、説得力、決断力、理解力、構想力、総合力、 統率力、人身掌握力、先見性、国家観、歴史観、 責任感、真剣さ、尊敬と畏怖の念を抱かれることである。 しかし、これだけでは十分ではない。 必要ではあるが、十分とは言えない。 十分と言えるためには知恵が必要である。 知恵を生み出す力が無ければ、未知の問題に遭遇した途端、 手も足も出ず、解決することは難しいだろうから。」

「指導者たる者、普段慈悲深く時々冷酷になるよりも、普段非情で時々温情を見せる方が良い。前者は一度非情さを見せれば今までの評判は地に落ち、冷血な人との烙印を押された上、慈悲深さを偽っていたと人々に思われ不信感を抱かれるのに対して、 後者は冷酷な者が時々温情を見せることにより、本当は慈悲深い人だと人々に思われるのみならず、その冷酷さには理由があり何かしらの意味があると人々は考えるようになるからである。」

「優れざる者、真の支配者に非ず。」

「組織の長が「凡庸」であるということは、それ自体、組織の「死」を意味する。 特に、戦乱の世においては。」

「組織が外から崩壊することは少ない、 大抵の場合、中から崩壊するか或(ある)いはさせられる。」

「一度腐敗した物がもとに戻ることは無い、故にそれを完全に取り除く必要がある。組織においてもそれは変わることが無い。」

「自浄作用の働かない旧体制ほど未来の到来と発展を妨げる有害なものはない。」

「組織は人材活用を上手く出来るか否かでその命運を決す。」

「仕組みや組織は絶えず情勢に合わせて変化させ、修正しなければならない。」

「理由無き敗者がいないように、理由も無く滅びる組織・国家は無い。」

「全ての滅亡には原因がある。」

「社会的価値のない企業に存在価値はない。」

「貴方にとって最も信用出来ない者達は、 貴方の人生が最も上手く行っている時にやって来て、おこぼれに授かろうとする者達である。その者らは授かれないと知った途端、たちまち貴方の側から消えていなくなるだろう。」

「小さな信用の積み重ねが大きな信用を形成する。」

「信用は得難いが、失うのは容易(たやす)い。そして、失われた信用は二度と帰って来ない。企業は、商売を行う者は、もう一度このことを自覚し、肝に銘じるべきだろう。」

「商売の世界には二種類の人間が存在する、 それは、売る者と買う者、客と従業員、雇用する者、される者、 投資する者、される者である。」

「企業における最大の資産とは、良い人材である。」

「人材不足と嘆く前に、今ある人材を適切に配置し活用しきれているか考えよ。」

「灯すは焔(ほのお)、翳(かざ)すは光。」(意味・適材適所、またはそれが必要なものであることを指す言葉。)

「払うは厄災、招くは喜福。」(意味・然るべき時に然るべき措置を取るという言葉。)

「流れぬ水は濁り、留まる空気は淀(よど)む。」(意味・循環させることの重要性と無闇に留める・留まることへの戒め。)

「例え創業者や創始者が決めた方針であっても、 状況を見て変える必要があるなら変更すべきである。」

「お金と時間(自分のスケジュール等)すら上手く管理出来ない者は、 組織を上手くマネージメントすることなど出来はしない。」

「経営者には提供者と消費者、両方の目線が必要である。」

「客の目線を持つ経営者は、良い経営者である。」

「経営者は、商売において悟りを開くことがあるものだ。」

「起業するのは容易(たやす)い、経営し続けることは難しい。」

「悟りを開くことと同じくらい、店を開き維持していくには、 大変な労力を必要とする。」

「業界にプロはたくさんいるが、 本当のプロは狙って結果を出せる人である。」

「テニスの試合で勝敗の理由をコートの違いのせいにするプレイヤーは居ない。 そしてあらゆる状況下で勝てるのがプロと言うものである。 それと同様に好景気だろうと不景気だろうと、 それらを一切理由にしない経営こそが真の経営であり、 経営者のあるべき姿である。」

「莫大な財産や立派な事業、そして偉大な国家を造(つく)る以上に困難なこと、それは正しく継承させることである。」

「人間の営みの内で最も崇高なもの…。世代を超えて継承し発展させることである。」

「労働者の気持ちが分からない者には、人を雇う資格は無い。」

「愚帝に強権。」

「主役だけで劇は出来ない。カリスマだけで事は為せない。 どちらも脇役や普通の人々に助けられ、支えられていることを 両者は理解しなければならないが、それが出来ている者はごく僅かである。」

「真(まこと)の忠臣は主(あるじ)のことを思う故に、その言葉は耳に痛いものだが、 これが奸臣となると、耳に心地よいことばかりを心にもなく、 平然と言ってのけるものだ。」

「奸臣は爆薬の信管である。やがて大爆破を引き起こして汝を震撼させるであろう。」

「道化を装うものに注意せよ。」

「客が疫病神でも「お客様は神様です。」と喜んで出迎えるのだろうか?」

「いくらお客様は神様だとしても、 貧乏神や疫病神みたいな客は歓迎されないでしょう。」

「お客は来るものではなく、呼ぶものである。」

「客の数だけ接客方法がある。」

「ビジネスでは金(かね)が、就職ではコネが役に立つものだ。」

「世の不便や不満はビジネスチャンス。」

「不満があるところに商機あり。」

「満足と感動を売れ。」

「客を満足させる店は一流、客を満足させ、感動させる店は超一流である。」

「ロングセラーの商品が多い会社は、安定した良い会社であると言えます。」

「一時的にはショートセラーのヒット商品は儲けが出ますが、 ヒットが終わった後、新たなヒットを生み出さなければならず、 永遠にそのサイクルから抜け出せず苦しみ、 会社と経営は不安定なものとなりますが、 一方でロングセラーの商品は、確かに短期的に見れば利益は少ないかもしれません。 しかし、長期的には大きな利益をもたらし会社の経営を安定化します。 さらに、ロングセラーを複数生み出すことが出来れば、 経営は確固たるものとなるでしょう。」

「ロングセラーの秘訣とは、 愛される商品であること、 役に立つ商品であること、 不変かつ、普遍的な価値を有する商品であることである。」

「職を安定させたいのなら、自らが替えの利かない ロングセラーにならなければならない。」

「雇われたいのなら、雇う側の気持ちと立場になって考えるべきだ。」

「その人の職業が、その人に新たな価値を与える。」

「環境だけではなく、職業もその人を作るのだ。」

「人は人と言うだけで(他の動物と違い)既に職業に就いている。」

「無職という職業は無い。」

「保証を求めるのは従業員的、 利益を求めるのは自営業的、 経営者的、投資家的発想である。」

「妻(夫)と職はよく選べ。」

「転職し過ぎると職を失う。」

「もし貴方(あなた)が非常に優秀で無いのなら、何度も転職すべきではない。」

「転職して天職に就く者は稀である。」

「「天職」またの名を「情熱」。」

「情熱を注げる物を見つけるか、情熱を持った人になれ。」

「引き際(ぎわ)を知らぬ者は、去り際を知らぬ者なり。」

「水も過ぎたれば、毒となる。」(何事も程々が良いと言う意味。)

「与える者はより多くを得るだろう。」

「何かを得る際には常にこのように自問せよ。「私はこれを得るのに相応しい人物足り得るのか」と。」

「経験が技を磨く。」

「経験の浅さは、知識と知恵で補うことが出来る。」

「練度とは即(すなわ)ち、経験の積み重ねである。」

「地の利、人の利、天の利。」

「たった一度の勝利が、多くの勝利に勝ることもあるだろう。」

「勝利の価値は、戦の重要度で決まる。」

「流血による勝利は下、無血による勝利は上である。」

「勝ち急ぐ者は勝利を逃す。」

「貴方の脳裏に「敗北」の二文字が浮かんだ瞬間、 勝負の結果を待たずして、貴方は既に敗北している。」

「恐怖心からもたらされるものは、勝利と栄光ではない、敗北と死のみである。」

「恐怖を乗り越えた者だけが、栄光へと到る。」

「敵に打ち勝つにはまず恐怖に打ち勝たねばならない。」

「敵は自らを欺く。」

「敵を欺いても、自らには正直であれ。」

「他者に偽ると同士に自身に偽る事もまた罪である。」

「敵から学ぶ者は強い。」

「使えるものは全て使え、たとえそれが敵であったとしても。」

「敵が自らの手の内を明かすとしたら、それはもはやその手法を必要としなくなったばかりか、そうすることによって我々を陥れようとしていると見るべきである。」

「絶対に勝つという気持ちが無ければ、得られる勝利も得られない。」

「勝利の女神は、気弱な者に微笑まない。」

「勝利の女神は、勝利に酔い痴(し)れ、酔い潰れる者達の所から立ち去る。」

「たとえ、最強の敵に勝り、勝利しようとも、 そこにはまだ「己」という敵が残されている。」

「お金や勝利の得方(えかた)を知っていても、 肝心の使い方や使い道、そして自分のためにどのように用い、 働かせればよいか知らなければあまり意味がない。」

「勝者は多くを語る必要は無い。 何故なら、勝利そのものが、多くを物語るからである。」

「結果が全てを物語る。」

「勝利は語る。独りでに。」

「勝利は独(ひと)りでにやって来ない。勝利とは手繰り寄せるものである。」

「私は勝利よりも、敗北から多くのことを学ぶ。」

「戦場において、自惚れと慢心、固定観念が多くの死と敗北をもたらした。」

「同じ過ちと敗北は、自分達を忘れた者の所へ再びやって来る。」

「君が「過ち」を忘れても、過ちは「君」を忘れてはいないし、「敗北」も君のことを 忘れてはいない。そして、「我々のことを忘れるなよ」と言わんばかりに、 忘れた君の所へ何度でもやって来るだろう。」

「過ちを早く正す者は、(後で正すよりも)より多くを正したことになる。」

「間違いの中でも取り分け、場違いと勘違いには気を付けなければならない。」

「司令官の良し悪しが戦いの趨勢(すうせい)を決する。」

「どんなに小さな誤りや少しの判断の遅れでも、 甚大な被害が生み出されることを司令官は忘れてはならない」

「大胆でも冷静でもない司令官<大胆な司令官<冷静な司令官<大胆かつ冷静な司令官」

「道を拓き人々を導く者が英雄である。」

「英断を下せない者は英雄ではない。」

「たとえ雑兵(ぞうひょう)であろうとも、士気が高ければ騎士並みの働きを見せるものだ。」

「戦いにおいて、いつまでも変化せず、同じ戦い方をする者は、 いずれ破れ戦場からのみならず、人生からも退場しなければならなくなるであろう。」

「自ら事を起こさなければ、何も成果など得られない。」

「深い慎みを持って事を為(な)せ。余計な言葉は要(い)らない。」

「(パンやパスタ等の)生地と計画はよく練らなければならない。」

「新たなものを生み出すためには、新たな人であり続けなければならない。」

「過去を知り、未来を描けば、今すべきことが見える。」

「過去に囚(とら)われるな、未来を捉(とら)えよ。」

「過去が今日という日を作るのなら、 今日は明日を、そして未来を創り上げるだろう。」

「守るものが出来ると、人は強くなる。」

「不平不満を述べるだけの者は、何事も成し得ない。」

「愚痴をこぼす暇があるくらいなら、少しでも行動に移すべきだ。」

「時間を守れない者は、人との約束も守れない。」

「後悔と反省は似て非なるものなり。」

「後悔は無益、反省は有益。」

「反省が無いから、改善が無い、 改善が無いから、進歩が無い、 進歩が無いから成長もしない。」

「成長とは昨日の自分を超えることである。」

「後で謝るくらいなら、最初からするべきではない。」

「金(きん)が欲しくば、金になれ。」

「もう半分まで来たと考えるか、まだ半分もあると考えるか、考え方次第である。」

「一も継続すれば百となり千となる。」「日々の努力について」

「普段の努力は、不断の努力でなければならない。」

「不断の努力は、普段の努力から始まる。」

「自分で努力していると感じているうちは、本当に努力しているとは言えない。」

「真の努力とは、無我である。」

「努力も立派な才能の一つである。」

「世の中には、結果に結びつく努力と結びつかない努力がある。 前者は正しい努力をして努力と感じず、後者は誤った努力し努力と感じているところに違いがある。つまり、後者の方は嫌々努力し間違っているからそう感じるのであり、だから結果に結びつきづらいのである。」

「努力を努力と感じない、それこそ真の努力だ。」

「努力は美しい、たとえ報われなくても。」

「正しい方向に正しい努力をしなければならない。」

「努力は凡才を秀才に、秀才を天才に、天才を神の領域へと導く。」

「努力、忍耐、意志を継続せし者、稀なり。 しからば、継続せし者、他の者に勝りて神々の領域へと到らん。」

「努力をせず神仏に要求ばかりする者は、やがて見放される。」

「仕える者は子に仕え方を教え、支配する者は子に支配を教える。」

「本質を見誤り物事の表面しか見れない者は、永遠に利用され続ける側のままだ。」

「今日成らねば明日ならず、明日成らねば永久(とわ)に無し。」

「無欠の準備、不断の忍耐、不屈の実行。」

「悪習は放たれる前に断て。」

「異常を正常とすることこそが最も異常なことである。」

「甘い話と砂糖には気を付けろ。」

「付け焼刃でも、無いよりはまし。」

「口が滑れば、足が滑る。」 (口を滑らせれば地位や立場を危うくしたり、失ってしまうことがあるという意味。)

「何時(いつ)までもパンがあると思うな。」(物事には限りがあるという意味。)

「代えのパスタは、買わねばならない。」(同じく、限りがあるという意味。)

「宝石は自ら主張することなく、化粧箱に収められる。」 (才能豊かな人や優れた人は、自然と用いられるという意味。)

「有能な者の罪、それはその才能を世の為に活かさないことである。」

「出る杭は打たれると言うなら、打てぬ所まで出てしまえばいい。そうすれば周囲の者達はもはや「その杭」を打つことは出来ず、唯(ただ)、見上げることしか出来なくなるだろうから。」

「空に舞い上がった風船や夜空に輝く星々は見上げることしか出来ないように、自分達よりずば抜けて優れ遥か上空に存在する者を人々は見上げる。」

「Ancient×Today=Future」

「意志に力が従う。」

「力は主(あるじ)を選ぶ。」

「災いだ。大いなる力は。その力は全てを飲み込む。」

「力を欲する者よ飲み込まぬよう心せよ、その力、強大であるが故に。」

「力を持ってなお、平静を失わぬ者こそが、最も偉大な者である。」

「優れた新たな思想を持つ者は、新たな思想家となる…。 思想のみが唯一、思想家を作り上げるのだ。」

「診療は良心をもって、両親を診るように行われなくてはならない。」「医療について」

「小人は小事に構(かま)う。」

「些事に構わず、小事に惑わず、大事に怯まず。」

「保身…。利己主義の極み。」

「確信が革新へ変わる。」

「流行は流行り病。」

「流行に取り込まれるな。流行を取り込め。」

「価値の無い物は、時の試練に耐え切れず、時の彼方へと消え去る。」

「時の試練に耐え得(う)るだけが、真の賞賛を受けるに値する。」

「過ぎたる賞賛は、硝酸のごとく名誉を溶かす。」

「賞賛に溺れず、批判に潰れず、行い続ける者は、 光を失わず輝き続け、栄光を勝ち得(え)る。」

「夢や目標を実現する為には、現実をしっかりと見据えた戦略と計画が必要である。」

「現実から目をそらす者は、永遠に目標を達することが出来ない。」

「私の目標達成を妨げるものは何か? 周りの雑音、自分の雑念…。目標に集中せよ!」

「成功者の中に、人生で一度も失敗しない者はいない。」

「成功への道は、多くの失敗から出来ている。」

「大きな失敗の木は、やがて大きな成功の果実を実らせるだろう。」

「上手く行っているからと言って調子付いてはいけない。あなたの取り巻きのほとんどは偽物である。 逆境吹き荒れる嵐の中だとしても落ち込む必要はない。その時、貴方の側にいてくれる人々は本物である。」「真の仲間と言うものについて」

「貴方が上手く行っていればいる時ほど、 貴方は躓かないように十分に気を付けて歩みを進めなければならない。」

「最も上手く行っている時が、最も失敗しやすいものだ。」

「成功の連続は油断を生み、失敗の連続は人を打たれ強くする。」

「成功への第一歩は、まず自分を信じることから始まる。」

「成功の秘訣とは、自分は成功すると信じ、決して諦めないことだ。 成功者の中には「自分は成功しない」などという考えの持ち主はいない。 だからこそ「自分は成功する」という強い信念が、 成功するためには必要不可欠なのだ。 それだけで成功する訳ではないが、少なくとも成功するためには、 無くてはならない要素である。」

「信念×情熱×能力×機会=成功」

「武術に型があるように、商売には商売の型がある。」

「成功パターンよりも、失敗のパターンを知ることが重要である。 何故なら、それにより失敗を未然に防ぎ成功へと近づくことが出来るから。」

「その人は成功者だから価値があるのではなく、 価値があるから成功し成功者となったのだ。 故に、もしあなたが成功したかったら、 まずは、あなた自身が価値ある人にならなければならない。」

「出来る理由を考える者だけが、成功者となるのだ。」

「成功者は出来る理由を、失敗者は出来ない理由を考える。」

「やらない、しない為の言い訳ばかりする者は、真の成功から遠退く。」

「愚痴をこぼす者から、成功は遠ざかる。」

「真の成功者とは、真の自己実現を成し遂げた、つまり自分のなりたい者になり、 したいことが出来る者のことである。」

「過去の成功体験が、未来の成功を妨げることがある。」

「成功したり、失敗したり出来るのは、挑戦者だけの特権である。」

「成功出来るのは、挑戦した者だけ。」

「諦めずに挑戦し続ける習慣が、成功の扉を開く鍵である。」

「賢者は失敗を活かし最後には成功するが、愚者は失敗を無駄にし最後まで失敗する。」

「挑戦しないで後悔するより、挑戦して満足する方が百倍良い。」

「常に何かに挑戦しない者は、退化する運命にある。」

「常に新しいことに挑戦し、時代の変化に対応する。 それこそが、稼ぎ続ける者と没落していく者との違いである。」

「時代や情勢が変わっても、人は今までの自身の態度ややり方をなかなか変えることが出来ないものだ。」

「世の中で生き残る術(すべ)は数多くあるが、最も重要かつ最大の術は、 時代等の様々な変化に対して上手く対応し、自身を適応させることである。」

「ナポレオンは上手く時流に乗ったが、多くの人々は時流にことごとく押し流されていった。」

「運は行いが悪い者を最終的に見捨てる。」

「一秒、一円の価値を知る者は、他の者よりも一歩、成功へと近づくだろう。」

「一秒、一分、一日を活かす者は、数年後、数十年後、 そうでない者との間に大きな差を生みだす。」

「君が無駄にした一秒は、二度と帰ってこない。」(一分、一秒を大切にしろと言う意味)

「時は資源である。」

「時は奪い、かつ、与う。」

「名誉が好む者は、名誉を好まない者である。」

「資産を持たない人は自らの労働力という商品を、 労働市場において売り続けなければならない。」

「頑迷さの最たるもの、それは自説にこだわることである。」

「批判も賞賛もされない意見は、意味が無い。」

「賞賛でも、批判でも、反応があるうちはまだいい、 本当にどうでもよくなったら見向きもされなくなる。」

「弾劾(だんがい)される者は断崖絶壁に追い詰められたも同然である。」

「霧は我々が普段、散策する時において、 野山や町などに一定の趣を与えるものだが、 一方で我々が追手などに追われている時、 その霧は追手にも増して我々の行く手と視界を遮る敵となる。 そのように、平時はあやふやにしたり、 曖昧な表現を用いることに問題は殆どなく、 むしろ便利で有益なことすらあるかもしれないが、 有事においては、話は別であり、そのような言動は一歩間違うと、 命取りになりかねずとても危険であると言える。」「はっきりしないことについて」 ((解説)霧や、あやふやで曖昧な表現は、どちらもはっきりしないので、 それらを例え話に用いて話している。)

「真に優れたアイデアというものは、一見した所、愚かに見えるものだ。」

「既存の知識に囚われず考え、その考えを知識によって検証することが、 良いアイデアを生み出す秘訣である。」

「最初は思い付きでも、よく考えて練り上げれば、 それは単なる思い付きではなくなる。」

「多くの視点を持ち、違う視座から見渡すことによって、 多くの気付きと発想を得ることが出来る。」

「視点を変えるとは、他者になりきって見ることである。」

「前例が無いなら、前例になればいい。」

「その前例と言われているものは昔、前例ではなかった。」

「開拓者であれ、第一人者たれ。」

「永遠を捕らえれば、永遠になる。囚われれば、永遠に無くなる。」

「創作、自分を探す作業。」

「創作は捜索。」

「外見は人を欺く。」

「-もかければ、+になる。」 (不利益や不利な状況(マイナス)も工夫次第で挽回(プラス)できるという意味。)

「想定外という言葉は、愚か者の頭の中にある。」

「想定外を想定するか否かが、愚者と賢者との分かれ目である。」

「小さな危険を避けて、大きな危険に陥ることがある。」

「期待は気体。」

「期待しないこと、失望しないために。」

「期待より希望。」

「何もしない者には破滅が、行動する者には栄光が訪れるであろう。」

「立ち上がる者には希望が、倒れ伏す者には絶望が待ち構えている。」

「道がないと思っていた所に道がある。宿が無いと思っていた所に宿がある。 光が無いと思っていた所に光がある。その喜びはひとしおである。 そのように、絶望の淵にいる者へ手を差し伸べる者は一生の恩を与える者である。」

「王者には孤独が付き物。」

「私は一人ではない、常に孤独と共にある。」

「孤独は最良の友だ。最良の示唆を与えてくれる。」

「孤独と言うのは、真に静寂と安らぎを与えてくれる友だ。」

「集団の中の孤独こそ最も孤独である。」

「真の孤独を感じたいならば、雑踏の中に足を踏み入れるがいい。 そうすれば真の孤独の意味が解るから。」

「孤独にこそ、真の自分が住んでいる。」

「孤独は真の自分の姿を映し出す鏡だ。」

「人は唯一、孤独においてのみ、真の自己を取り戻すことが出来る。」

「過去の栄光は眩しい、しかし君の行く手を照らしはしない。」

「輝かしい栄光も、新たな栄光によって磨かれなければ、色褪(あ)せる。」

「私は一瞬の栄光より、永遠の栄誉に浴したい。」

「栄光は太陽より眩しい。しかし、その光はあまり長続きしない。」

「行動を起こす全ての者に栄光は訪れない。 だが、行動しない者に栄光が訪れることは決してない。」

「スポーツにおいて勝つことは必要条件、観客を楽しませることは、十分条件。」

「スポーツで勝つ者は一流、勝って観客を楽しませる者は超一流。」

「勝つことは難しい、それにもまして観客を楽しませることは、もっと難しい。」「スポーツについて」

「二流と一流とを隔てるもの、それは言動が本質であるか、或(ある)いは彼らが本質を理解しているか、又(また)はその両方である。」

「極端な話、極論、行動などは、極端と言うだけで、既に間違っている。 昔の人が言うように「中庸」こそは最も安全であり確実である。」

「極端と言うのは、どちらも同じく同程度、間違っている。」

「日々の思考の積み重ねが、至高の成果を生み出す。」

「(ブドウは)ワインになるまで待たねばならない。」(成果や結果は直ぐに出るものではなく、それらを得るためには時間がかかるという意味。)

「成果を出し続ける人とは誰か、どのような評価にも一喜一憂せず、 冷静に事を運び行う人である。」

「真の文化人は容易に他人から理解されないものだ。」

「独創的であれば、独走できる。」

「独創的であり続ける、何と難しいことか。」

「人はオリジナルであり、原型であり続けなければならない。」

「文体と言うものは、飾り立てるか、全く飾り立てないもので無ければならない。」

「作家は人と同じ世界に住んではならない。唯(ただ)、自身の世界に住まえ。」

「良い音楽を奏でるように、良い旋律を持った文章を書かなければならない。」

「推敲を重ねることにより、文章は磨かれ、輝きを放つ。」

「文章は簡潔に、そして深遠に、書かれなければならず、 そのような時にのみ光を帯び、輝きを放つ。」

「簡潔に真理を表した文章は人に感銘を与える。」

「「!」、「?」といった感嘆符や疑問符、「嗚呼」等の感動詞は、 正しく用いることによって文章を生き生きと優れたものにしますが、 用法を誤り度が過ぎれば、愚かで幼稚なものにしてしまいます。 ですから、それらの語句を用いる際には、十分な注意を払い、 誤りの無いよう熟慮しなければなりませんし、 当然ながら仕事上の文章で使うのは好ましくないので、 使わないようにしなければなりません。」

「価値あることを書こうと思ったり、作ろうと思っても、 その人に「中身」がなければ難しい。もしそうであるならば、 まずは自分の中身を充実させることから始めなければならない。 様々なことから「経験」を積まなければならない。 それは新たな挑戦でも、人と会うことでも、読書でも、挫折からでも出来る。」

「良質な言葉をわずかに作るならさほど難しくはない。 しかし、それを量産しなければならないとなると話は別である。 継続とは難しいものだ。継続ほど容易に見えて、難しいものはない。」

「文章を努めて平易に書くことは読者の理解の助けとなるが、それが過ぎれば冗長になるだけでなく、読者におもねり、甘やかすことに繋がりかねない。」

「文章の書き手と読み手の程度は比例し、また真意を汲(く)み取る為には比例しなければならない。」

「作家よ、黙して語れ。」

「作家の口がペンよりも雄弁であったら、もはや作家とは言えない。」

「時として出版社による無理難題と言う名のわがままにも、作家は答えなければならない。」

「自分の作品や結果に百点をつけ、満足し、悦に浸っているようでは、 新たな進歩や発展は望めない。」

「固定観念というものほど、創造的行為の敵はいない。」

「創造的な作業以上に、楽しいことは無い。」

「詩神は憂鬱(ゆううつ)なものに宿る。」

「自然に勝る芸術は無い。」

「芸術は魂の叫びだ。」

「真の芸術は、商業性を廃した所から生まれる。」

「真の芸術は、人を神聖にする。」

「食料は胃袋を満たし、芸術は心を満たす。」

「最高の物を作り上げるのは、最高の素人だけである。 故に、往々にして処女作が最高傑作となるのだ。」

「素人は真っ新なキャンバスである。そこに自由に絵を描くことが出来る。 しかし、我々(玄人)にはその余地が無いのだ。」「玄人の嘆き」

「真っ白なキャンバスを持った素人は、時に、玄人も真っ青な傑作を生み出す。」

「子供が優れた作品を作り出す芸術家であるのは、 芸術において、否、全てにおいて素人だからである。」

「玄人であることは強みであるが、素人であることもまた強みである。」

「玄人には玄人の、素人には素人の、長所と欠点がある。」

「玄人には見えないものが、素人には見えるものです。」

「最良の画家は同業者に廃業を決意させ、素人に参加を決意させる。」

「「絵は見た通り、実物と同じ色で塗らなければならない。」と考えていること自体、 貴方が固定観念に囚われている証拠だ。」

「絵を赤や青だけで描いてはいけないという決まりはどこにもありません。」

「普通の画家は目で見て描く、本物の画家は心で見て描く。」

「全ての人工物は、人間精神の賜物(たまもの)であり、 その出来は人間精神の度合いに比例する。」

「嫉妬は向上心や向学心を生み出す時のみ有用である。」

「作家が自分より優れた作家に出会って、何の嫉妬心も抱かないとしたら作家として死んでいる。全ての作家はその悔しさを創作力に昇華しなければならない。」

「人は真に感動すると言葉を失う。それは時として畏怖の念を伴う。」

「建築物は建築家の脳内。」

「偉人が道を開き、凡人が道を歩く。」

「奇人が発展させ、凡人が維持する。」

「沈黙は物言わぬ言葉である。」

「沈黙は雄弁である。何故なら、沈黙は動機の有無を問われた際には紛れもない肯定の言葉に、賛意を問われた際には何よりにも勝る強い否定の言葉となるから。」

「多弁でないからこそ信頼が生まれ、沈黙を守るからこそ神聖となり、沈黙を破るが故に伝説が生まれ神話となる。」

「鋭い言葉の矢が一度(ひとたび)相手に突き刺さると容易には抜けず、 長年に亘(わた)って相手を苦しめ、悩ませるものだ。」

「たった一つの言葉が、時に世界を反転させる。」

「貴方を傷付けるのも、貴方を癒すのも、貴方を落胆させるのも、 貴方を鼓舞し勇気付けるのも、言葉、全て人の発する言葉なら、 歴史を動かし創り上げるのもまた言葉、人の言葉なのです。」

「百万の弁論より一回の実証。」

「再審は細心の注意を払って行われなければならない。」

「議論が長引くと、迷宮に入る。」

「凡人が百年議論して解決しないものを偉人は百秒の議論で解決する。」

「偉人の雑談は、凡人の議論に勝る。」

「凡人の議論は偉人からすればある意味雑談のように見える。」

「議論が雑談になることがしばしばある。」

「外交で開口一番に先手を打てないようでは、 会議会談で主導権を握ることは難しい。」

「公開出来ない会議は悪い会議である。」

「会議室からは長い沈黙が、現場からは名案が生まれる。」

「現場を知らない者達の会議から名案は生まれない。」

「提案を否定することなら誰にでも出来るが、 良い提案をすることは誰にでも出来ることではない。」

「駄目な者に限って提案を否定するだけ否定して、代案を示すことが出来ない。」

「君の発言全てが、君の足場となり、強固な発言が強固な足場を作るだろう。」

「貴方の発言と実績が、貴方の地位と立場を作り上げる。」

「自分の話を聞いて欲しかったら、まず、相手の話を聞かなければならない。」

「二割喋って、八割聞きなさい。」

「人の話を聞かない…。それだけで、貴方の「失敗」は既に確約されてしまっている。」

「大事なことはどれだけ多くの話をすることが出来るかではなく、 どれだけ中身のある話をすることが出来るかということなのです。」

「君が「おしゃべり」であるというそのこと自体が、君の信用を打ち砕くのだ。」「よく喋る者へ」

「言行一致してこそ、初めて人から信頼される。」

「強みがあるから、自信が生まれる。」

「自信は大きな成功よりも、小さな成功の積み重ねによって形成されることが多い。」

「自分を他人と比較ばかりし卑下する者は、自信が持てない。」

「人は自身の失敗よりも、他人との比較によって自信を失うことが多いものだ。」

「人は皆(みな)、一番になれる分野を持っている。」

「自分に自信を持っても良い。しかし、自分の才能の有無を見誤ってはならない。」

「過剰な自信が過ちをもたらす。」

「自信を得るためには、まず、自分自身を信じることから始めなければならない。」

「自分を信じる者だけが、真の実力を発揮できる。」

「 「自信」→「自」分を「信」じる。 」

「誰も貴方を信じてくれなくても、貴方自身が自分を信じればそれで良い。」

「光が有用であることは言うまでもないが、陰(かげ)も負けず劣らず有用である。 何故ならば、その陰は強い日差しから動物や人間を守り、 その者達の憩いの場となるからだ。 また、夜の闇は日中、陽の光に疲れた者を癒し、安らぎを与える。 眠りに導き、明日への活力をもたらす。 故に、もし貴方が日の当たらない「日陰者」だとしても、 或いは「光り輝く存在」でないとしても、気に病む必要は全くないと言える。」

「チンギス・ハンの息子は、チンギス・ハンではない。」(たとえ息子であっても、同じ業績は残せないという意味。)

「嘲笑でさえも、最大の賛辞として受けよ。」

「意思を持つことは良し、行動に移すことは尚良し。」

「行動する際は、君の言動が君の評価を決定する一因となることを 忘れてはならない。」

「評価というものは、人によって、或(ある)いは時代によって、変わってくるものです。ですから、もし、貴方の評価が余り良くないとしても、気にする必要は全くありません。」

「周囲の状況と評価は荒れるに任せよ、 しかし、それらを気にせず汝(なんじ)は汝自身の道を行け。」

「汝(なんじ)の周囲の状況が荒れ狂っても、汝まで荒れ狂う必要は無い。」

「異様なまでに仲良くするのは、相手を滅ぼすためである。」

「ロボットがいつかの日か、人間を労働から完全に開放するだろう。 そして、労働者は失業する。だから、彼らからロボットは一時的に忌み嫌われるだろう。そして、当然のことながら、次第にそれが当たり前となる。 余談ではあるが、彼らが生き残る為には経済システムを抜本的に改革し、ロボットが労働しても人間がしっかりと衣食住を確保出来る仕組みを構築しなければならないだろう。 もし、それが出来なかったらロボットを使って儲ける一部の人々と、ロボットに仕事を奪われて収入を絶たれた人々との間に埋めがたい差が生じスラム街が生まれる恐れがあるだろう。」