考えるヒロ 名言・ポエム・政治

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリジナル名言集・格言集1500句+時々ポエム、あと政治社会。

5年以上かけ制作したオリジナル名言集・格言集1500句やオリジナル詩(オリジナルポエム)と独自の観点で政治・社会等に関する記事も公開しています。

人生と運命のオリジナル名言集・格言集200句

スポンサーリンク

2253333636_7c593277bb_b

Photo Some rights reserved by pedrosimoes7 

「人生は舞台だが、肝心の台本を誰も知らない。」

「人生はアドリブだ。台本なんてありゃしない。」

「貴方は劇の主人公である。人生という名の劇の主人公である。」

「それぞれの人々はそれぞれの人生における主役である。」

「終わりに際して、劇の「優れた役者」には拍手と喝采が、優れた「人生の役者」には涙と嘆きが送られる。」

「人は生まれ、旅路を行く、終着を目指して。」

「普通の道では普通の物にしかたどり着けない。 だから苦しくても嘆いてはいけない。大抵、絶景への道は長く険しいものだ。 そして、その先には今まで見たこともないような絶景が待ち構えている。 だから歩こう。たとえ人生という道が、どんなに険しくとも。」

「人生のレールから「外れる」ということは、その他大勢の人生とは一線を画すことを意味する。」

「自分が選んだレールは危険だが楽しい、しかし、親の力で敷いたレールは安定し、かつ安心して走れる。」

「王道とはかつて先人が通った道であり、覇道とは貴方が新たに切り開く道である。」

「順境ばかりではつまらない、逆境があるからこそ人生は面白い。」

「逆境は人生という名の料理にかかる香辛料のようなものだ。 多すぎても、少なすぎてもいけないが、 程よい香辛料は人生を味わい深い物にする。」

「苦難と逆境は、偉大な人物を作るための教師であり、学校である。」

「苦難は良い教師であり、人を成長させる。」

「下手な家庭教師を付けるより、苦難の一つや二つでも乗り越えさせたほうが 子供の為になりますし、その「苦難」という家庭教師は、 子供を一回りも二回りも逞(たくま)しく成長させるものです。」

「悩み苦しむ姿、それこそ、人間の真の姿。」

「悩みがあることを悩んではいけない。 悩みの無い人間など、この世には存在しないのだから。」

「人間、皆(みな)平等と言うものは、単なる幻想でしかない。 人間、唯一(ゆいいつ)、平等たるものは「悩み」それだけである。」

「王侯には王侯の、平民には平民の悩みがある。」

「大いに悩み苦しむ者にこそ、大いなる器が授けられよう。」

「どんな悩みや問題も、宇宙の大きさに比べたら、 取るに足らないくらい小さなものに過ぎません。」

「問題を大きく捉えれば、悩みも大きくなる。」

「陽が沈めば気も沈む、だから考え事は日中陽の光が当たる時にすべきだ。」

「生きるとは、人生と言う名の道を立ち止まることなく、歩み続けることである。」

「人は悩み、気付き、そして悟る。自らの歩むべき道を。」

「何の悩みの一つも無かったら、一体人生に何の深みが生まれると言うのだろうか?」

「生きている限り、人はやり直すことができる。」

「「挫折した」と思うから、挫折になる。思わなければそれは挫折ではない。」

「経験を積めば、若くして老いる。」

「流されるより、流れよ。」

「道に沿って歩め。」

「人生とは何か、ただ日々の連続に過ぎない。 人生とは何か、終着を目指した果てしない旅。 人生とは…そう、生きること。」

「「人」が「生」きると書いて人生。 数ある人生の目的の内の一つは「生きること」なのです。」

「人間が数ある生き物の内の一つである限り、人生の目的の基本は「生きること」ですが、人間はそれに加え自らの人生に自ら、目的や目標を設定することが出来ます。」

「生命の灯火、灯る時間はごく僅(わず)か、その灯火、活かす者もごく僅か。」

「人は誰しも、未だかつて、誰も目指したことの無い目的地を目指し、 旅をする…。人生と言う名の旅を。」

「人生を踏破せよ。」

「人生の全てを楽しめ。」

「人生とは、神が監督する劇に過ぎない。」

「時間を無駄にすれば、人生が無駄になる。」

「今日という日を疎(おろそ)かに過ごせば、明日を、そして未来をも、無意味にしかねない。」

「全てを運命に任せるというのは、人生の全てを放棄するということに等しい。」

「自らの手で新たな道を切り開く者は素晴らしい。 その者の未来は可能性の光に満ち溢れている。」

「未来を他人の手に委ねるな、自らの手で創り出せ。」

「過去に囚われる者は、未来に生きることが出来ない。」

「過去を引きずる者は、未来を上手く歩めない。」

「未来は今日という日を積み重ねた結果である。」

「未来は予測し難い、明日の私ですら、誰にも予測できないのだから。」

「未来は予測出来ない。我々に出来る事と言えば、 未来を描き、「そうぞう」することだけだ。」

「時は止まらぬ、止まり方を知らぬから。 時は止まらぬ、誰も止まり方を教えぬから。」

「人生において重要なものが三つある。一つはお金の使い方、もう一つは人との付き合い方、そして、最後に時間の使い方である。」

「品格は人生を彩る。」

「人の人格は人生の一部に成る。」

「偉大な人生は、偉大な歴史の一頁(いちぺいじ)。」

「暗い部屋(人生)にも一筋の光が差し込むように祈るべきだろう。」

「昼と夜あり、山と谷がある。それが人生だ。」

「若いというのは良いことだ。それだけで人生が充実している。」

「青年は道を知らぬ故に、人生に迷うが、老年は物を忘れるが故に、道に迷う。 どちらも助けが必要だ。」

「人は進む。空回りしながら。 人は生きる。空回りしながら。 人は死ぬ。悪あがきしながら。 それが、人の人生だ。」

「一生懸命に生き、かつ、一生賢明に生きる必要がある。」

「何となく生きた一日は、何となく生きた一生になる。」

「人は楽をしたがるが、楽ばかりでは人の道とは言えない。」

「貴方の人生の責任者は神ではない、貴方自身だ。」

「貴方の人生を歩めるのは、他の誰でもない、貴方自身だけだ。」

「貴方を良く変えることが出来るのは、貴方だけである。」

「君自身の力で世界をより良く変えるよりも、 君自身をより良く変えることの方が先決である。」

「自分を変えることは自分自身を否定することでは無い。改善することである。」

「人生…。未だ、かつて、正確な海図の存在したことの無い大海原。」

「背徳は人生に影をもたらす。」

「人生は運命の影である。」

「小さな積み重ねが大きな成果を生み出すように、 たとえどんなに小さな選択であっても、人生に大きな影響を及ぼす。」

「選択を誤れば、人生を誤る。」

「良い判断が、良い人生を作る。」

「他人の人生を羨む暇があるくらいなら、 自分の人生をより良く充実させるよう努めるべきだ。」

「他人の言動を気にする者は他人に人生を左右される。」

「真面目にではなく、上手く踊れ。」 「人生について」

「より良い意志を持つ者は、より良い(人生の)道を歩んで行(ゆ)くだろう。」

「己(おの)が職分を見つけ、全(まっと)うすることこそが、人生の目的である。」

「人生の意味を探すのではなく、人は人生の意味を 自らの手で作り出さなければならない。」

「なるほど、確かに人生において生きる意味は無いのかもしれない。 しかし、貴方は肝心なことを忘れている。 人は動物と違い、自らの人生に意味を作り出し、 与えることが出来るということを、忘れている。」

「この世の無常を嘆くには人生はあまりにも短すぎる。 だから嘆く暇があるなら、一つでも多くの有益なことを為(な)すべきだ。」

「人生は、この世の無常と非情を嘆くには短いが、耐えるのには長すぎる。」

「人は人生の重さに耐えなければならない。 潰されぬように、そして、強く生きる為に。」

「人生を生きるのに必要なのは杞憂することではない。勇気を持つことである。」

「杞憂すれば勇気が無くなってしまうが、勇気を持てば杞憂が消え去る。」

「人間に最も必要なのは強敵に立ち向かう勇気ではなく、 何度でもどん底から立ち上がる勇気である。」

「足るを知ることこそ、人生の重要課題である。」

「人生において大事なことは、明日死んでも後悔することが無い生き方を「今」することである。」

「後悔無き日々を送れ。」

「若いうちに人生という海を思う存分航海しなければ、 年老いてから終生、後悔することになるだろう。」

「悪い習性(くせ)を修正しなければ、終生、醜声(醜聞)に耐えなければならない。」

「君は自分の気持ちに対して正直に生きているだろうか? もしそうでないとしたら、君は自分自身の人生を歩んでいるとは言えない。」

「軽薄な喋り方が、貴方と貴方の人生を軽薄にしている要因である。」

「当たり障りのない、波風立てない人生は、確かに安全ではあるが、 面白みに欠けた、つまらない人生となるだろう。」

「自分の半生を反省する者は、余生をより良く過ごすことが出来る。」

「生涯現役であれば、原液のように濃い人生となるでしょう。」

「己の感情を支配出来ず、感情に支配される者は、 人生も感情に支配されるであろう。」

「生きる喜び、愛する喜び、働く喜び、それら喜びは人生を照らす光である。 喜びを知らぬ者は暗闇の中、人生をさ迷い歩くであろう。」

「大いなる試練は、人を偉大にする。」

「人生は日々試練に満ちているが故に、備えなければならない。 チャンスについても同様のことが言える。」

「機会を出迎えるためには、準備が必要だ。」

「機会は用意していた者にしか、微笑まない。」

「急げ!さあ、急げ!機会という列車は一度逃したら最後、 同じ列車は二度と君の駅に停まりなどしないのだから。」

「困ったことに「機会」という列車は他の列車となかなか見分けがつかないので、 皆(みな)が乗り損ねてしまう。しかし、その列車には決定的な違いがある。 それは、他の列車よりも異様に停車時間が短いということである。」

「全ての「もの」には意味がある故に存在する。 たとえ宇宙の塵であろうとも、何かしらの存在意義がある。 宇宙の塵のように小さい我々、人類にもきっと何かしらの意味があるに違いない。 そして、そんな人類の一員である貴方にも存在する意味があり、 貴方の人生にもきっと、いや、必ず意味があるのだ。」

「もがけば、絡まる。」「窮地について」

「下を見るな、底が無いから。上を見よ、果てしないから。」

「運命を用いよ。」

「強い運命は強い味方となるが、飼いならすことを忘れてはならない。」

「運命を飼いならせ。」

「行き先も告げられずに引き回される人の子。その恐ろしさ底知れず、深い。」「運命について」

「どうしてこうも嫌われるのか、運命。その望まれぬ定め故に。」

「運命は憎まれ、恨まれる。これもまた運命。」

「私は運命の奴隷。」

「運命がいつも私を振り回す。」

「王者は運命を従える。」

「運命!私は自らの運命を、自ら、司(つかさど)る。」

「運命を呪う者は、自らを呪う者である。」

「彼の運命に対する嘆き、怒り、一挙手一投足 、それさえも、運命に他ならない。」

「嗚呼(ああ)…。その溜め息さえも、運命を逃れる術(すべ)を知らない。」

「運命よりも強くあれ。」

「運命と言う歯車が動き出し、私と言う人生が動き出す。」

「私は運命と踊る。車軸(大雨)の中で。」

「「運命」と言う片道切符を手に、私は「人生」と言う列車に乗り込んだ。」

「運命という牢獄からは、誰も逃れられない。」

「運命と言う歯車で、私は回る。」

「運命とは外的要因と内的要因の総和である。」

「本気で自らの運命と対峙する者にのみ、真(しん)の栄光と繁栄が訪れ、 真(まこと)の人生の意味を知ることとなるであろう。」

「運命とは、偶然を装った必然である。」

「雨は理由もなく降り注ぐのではなく、雨雲がある故に降り注ぐのである。 同様に、貴方の身の回りに起こることも、貴方が知らないだけで、 全てに原因という理由があるのだ。それ故、それらの現象には 偶然という言葉を用いるより、必然という言葉を用いるべきであって、 現象が偶然起きたかのように言うことは、差し控えねばならない。」

「偶然も重(かさ)なれば、必然になる。」

「全て必然。」

「意識する者にとってこの世は必然、しない者にとっては偶然である。」

「世界が偶然出来たなら、全ての現象は偶然と言えるでしょうが、 もし、世界が出来たのが必然ならば、この世の全ての現象は必然、 つまりは、起こるべくして起こると言えるでしょう。 勿論(もちろん)、貴方がこの文章を読んでいることも偶然ではなく、 必然的結果に基づくものであると言うことが出来ます。」

「涙の後は何時も晴れ。」

「要求が多ければ、不満も多い。」

「世の中は理不尽でともすれば不公平であることが当たり前だというのに、それを理解していないがために人は「何で私だけが」「どうしてあいつが」と自分の不幸を嘆き、他人の成功や幸せをひがんだり、妬んだりして自分が成功や幸せをつかむ為の時間とエネルギーを空費させてしまうばかりか、それらの芽を自らの手で摘み取ってしまうのです。」

「負の感情は大変強いものだが、それで成功したり幸せをつかんだ者を私は見たことが無い。」

「冬のような不遇の時代は、貴方が花咲く日の為にある。」

「不遇な日々の涙は、いつの日か未来において、喜びの花を咲かせる。」

「幸せは幸せそうにしている人の所へ好んでやって来るものだ。」

「幸せは待っている。なのに何故、貴方は何時(いつ)までも待ち続けているのか。 自分から迎えに行け。」

「幸せが来ないのは、待ち続けている所為(せい)だ。」

「幸せとは「当たり前」と貴方が考えていることであり、 幸、不幸を決めるのは貴方の心次第だ。」

「富や健康、愛情といったものが「あって当たり前」と思わせることは子供や子孫にとって害となる。」

「貴方が不幸な表情を浮かべている限り、幸福は貴方のことを避け続けるだろう。」

「少しも不幸を含まない人生など、この世には存在しない。」

「どん底はトランポリン、反動で跳ね上がる。」

「無いものではなく、有るものを数えよう。そうすれば気が晴れるから。」

「無いものを数えると、あなたの幸福度は下がり、 有るものを数えれば、幸福度は増すだろう。」

「「幸福」という名の家庭には、「愛」と「財」 そして、「健康」が共に暮らしている。」

「幸福とは無意味にかつ不当に苦痛を受けない状態を言う。」

「真に恵まれし者とは、富に恵まれるだけの者でも、 名誉に恵まれるだけの者でもなく、 善き友、善き家族、善き隣人等の善き人々、善き人間に恵まれた者のことを言い、 それらが無ければ巨万の富も、眩しく光り輝く栄誉も、 決して君の心を満たしはしない。」

「幸福は偉人を作らないが、不幸は偉人を作ることがある。」

「幸いである。早く気付く者は幸いである。 若き日の内に気付く者は幸いである。 手遅れになる前に気付く者は幸いである。 何故ならその者は、その身に降りかかるはずだった不幸や災いを、 その手で払い除けることが出来るのだから。」

「悲しみの向こうには幸せが待ち構えている。 だから人は、悲しみを乗り越えるのだ。」

「悲しみは立ち止まるためにあるのではない、乗り越えるためにあるのだ。」

「暗いトンネルに終わりがあるように、嫌なことにも終わりがある。」

「嫌な経験も、いつの日か人生の良い糧となる。」

「苦さがあるから、甘さが際立つ、 苦い悲しみも、後(のち)の甘い喜びを引き立てる引き立て役に過ぎない。」

「希望と太陽は、どちらも欠かせない。」

「暗闇の中の灯火、それこそが希望。」

「希望の光を灯し、勇気を持って暗夜を行け。 然(さ)すれば、生の道は開かれよう。」

「希望は有であり、絶望は無である。」

「希望とは光、絶望とは闇である。故に、絶望には希望が良く効く。」

「過去の軌跡を見、未来という貴石を磨き、今日という奇跡を祝え。」

「意志が全てを連れて来る。」

「高い意識が、あなたを飛翔させ、より高き場所へと導くだろう。」

「家格低くとも、志(こころざし)高くあれ。」

「何事も驚くこと無かれ。」

「永遠に続くかのように見える、一瞬の煌(きら)めき…。幸運。」

「雨が降れば、乾いた大地に、花が咲く。」

「乾いた大地に雨を、暗き空に星を、人の心に愛を、この世界に光を。」

「騒めく大地、陰(かげ)る月、騒ぐ空、揺らぐ太陽…。 皆(みな)どれも、新たな時の訪れを予感させる。」

「風が吹く、新たな時代を乗せて。」

「私に風が吹き付ける。新たな時代を告げて。」

「最悪の時代にも一つだけ救いがある。 それは、その時代は永遠ではなく、いつの日か、「終わり」を迎えるということだ。 しかし、困ったことに、その時代がいつ終わりを迎えるのか、誰も知らない。」

「良き時代の惜しまれる点と、悪しき時代の幸いなる点、 それは、どちらも「終わり」がやって来るということだ。」

「青春と言うものは心の持ち方しだいで何時でも、何度でも訪れるものだ。」

「人は世界から来て、世界へ帰る。人は生きる旅人。」

「人は地上に生きる空(むな)しき過客に過ぎない。」

「Nothing is nothing.」

「物事の価値は、一度失ってみなければ、解らない。」

「人は失うことによって、初めてその価値を知る。」

「それぞれの人に、それぞれの価値がある。」

「人は人波に流されて、いつの間にか人並みになる。」

「人は生まれを選べなくても、生き方は選ぶことが出来る。」

「権力の元に生まれたが故に、それが災いすることがある。」

「貧しく生まれると不自由するが、裕福な生まれ、とりわけ権力の元に生まれる者もまた、不自由するだろう。」

「生まれだけで人生が決まる封建貴族は居なくなったが、その代わりに金持ちに生まれるだけで人生が楽になる金融貴族が出現した。」

「人は自身を肯定することによって、生きていくことが出来る。」

「旅をするのではない。一人の時間を持て。 そうすればおのずと真の自分の姿が見えてくるだろう。」「自分探しについて」

「「我は一体、何を成(な)し得(う)るか?」と自らに問うてみよ。」

「私たちは囚われの身です。限られた時の範囲内でしか、生きられない。」

「地獄には、地獄なりの楽しみ方がある。」

「全て楽しめ、全て楽しめぬ者は、何事も楽しむことが無い。」

「全て借り物、仮初(かりそめ)の衣装。」「人生について」

「不自然なものを避けよ。」

「望むより望まれるほうがよい。」

「自立とは自分で考え、決断し行動して生きることである。」

「生きよ、絆で、されば道は開かれん。」