政治社会ログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政治社会ログ

独自の観点で政治・社会等に関する記事を公開しています。

人工知能によって雇用は失われない説が無責任な理由

スポンサーリンク

OECD Forum 2016: Session:  The Digital.Economy & the Future of Work

 

人工知能によって雇用は失われないとの言説が散見されるが、
本当に失われなかった場合はともかく、本当に失われなわれてしまった場合はどうするのか?
失われるという前提なら、ある程度それに対する対策や心の準備が出来るが、
失われないと信じきって全く何もしていなかった人はどうすればいいのか、その人達は救済されるのか?
未来のある日突然「貴方をもうすぐ解雇しますので」と言うようなことを言われるか通知されたら、その人は一体どうすればいいのだろうか。
恐らく、突然の事に何故こうなったのか分からず、その時目の前が真っ白になる人もいるだろう。
仮に失われると言ってそうならなければ、「なぁんだ。失われなかった。良かった〜。」で済むが、
もしそうなった場合は「あの時、対策なり心構えをちゃんとしていたなら…。どうしよう。」となる。
つまり、その人達は「無い説」を真に受けなければ何らかの行動を取ることにより、そのAIショックをまともに、直撃を受けずに済んだ可能性が高くなっていただろう。

起こるという予測に基づいて、それに対する対策を立てる。
それはあたかも災害対策に似ている。
未来においてどのような災害が訪れるか分からないが、
将来いつか訪れるであろう地震津波、噴火に備えることに似ている。
確かに、それらの現象はいつか起こるのは予測され得るもので、確実に私達の実生活への悪影響が予見されるが、
人工知能の場合は起こるにしてもそれが私達へ悪影響を及ぼすのか、それとも好影響を及ぼすのか未だ判然としないという面では異なる。

とは言え、どちらも社会に与える影響では同等であるし、人工知能に悪影響を及ぼす可能性が排除できない限り、
また、災害について「地震津波、噴火は起きない。」と言うような言説があまり見られない、歓迎されない、そして対策面から好ましくないように、
人工知能について「雇用は減らない、無くならない。」と言うような言説も本来上記複数の理由から歓迎されるべきではない、好ましくはないだろう。
ベーシックインカムやロボット課税等)何らかの対策、予防策が考案・なされるべきだと言える。

ある意味の危機とも言える状況が迫っている中、安心安全と言われて油断しきった時にAIショックが起きたら、その人達が受ける衝撃は計り知れない。
それが実際に起きた例は、絶対安心安全と言われた原発が事故を起こし、その安全神話が崩れ去ったことが思い起こされる
種類は違えどその心理、構図はどこか似ている。

最後に、先の記事にも書いたことだが誰かが言っていた「未来は予測出来ないが、未来を創ることは出来る。」という言葉のように、
予測出来ないのでどちらになっても良いように対策を考え、その対策を元に人々にとってより良い明日と未来を創れるように、今現在から取り組むべきだと考える
まとめると、難しい事だが正しくは「雇用が無くなっても、無くならなくても、どちらになっても良いように備える。」事だと言える。
決して雇用が無くなるだとか、無くならないというのような単純なこと・図式ではないだろう。