考えるヒロ 名言・ポエム・政治

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリジナル名言集・格言集1500句+時々ポエム、あと政治社会。

5年以上かけ制作したオリジナル名言集・格言集1500句やオリジナル詩(オリジナルポエム)と独自の観点で政治・社会等に関する記事も公開しています。

はてなの注目記事になる基準を考えた&私がはてなスターを表示させる3つの理由

 

Star

はてなブログに戻ってきて数日が経過しそろそろ慣れてきたので、もう気付いている人もいるかもしれないが、ブログトップページをアーカイブ表示にして、ソーシャルサービスのシェアボタンを変えてみた。

それに加え、アクセスが増えるまでは自分の広告は外して無料版で続け、増えた時は元のはてなによる広告を外して自分のを貼り付けようと思う。(無料版ははてなの広告が表示される。)

その一環ではてなスターを表示していると、ページ表示速度が遅くなるだとか、サイト順位に影響するだとか言う記事を見つけたので、このブログでも少しの期間だけだがはてなスターを非表示にしていた。

ところが、そのあとではてなのトップページを見てその考えが変わってしまった。とあることを発見&気づいてしまったのだ。

それは知っている人は知っていることかも知れないが、はてなのトップ画面にある他のブログサービス・サイト等でも表示されるはてなブックマーク下にあるはてなブログの欄を見てみると、

たくさんはてなブックマークされて、注目記事としてはてなトップに表示されているブログ記事が載っているのはともかく、なんと1~5しかブックマークされていないブログ記事でもそこに載っていたのだ。

f:id:Planetalian:20170117183623p:plain

これは何か裏があるのでは?と思ったのでそれぞれのサイトにアクセスして調べてみたところ、その少ないはてブ数の記事のはてなスター数が極めて多い(20~30以上、多いと90以上。)ことに気付いた。

もしかすると、はてなの運営ははてなブックマークで注目されること以外の、つまりはてなスターの数でもその記事の人気や注目度をはてなが調べているor計っているのかもしれない。

今述べたことはあくまでもはてなブログに限ったことで仮説・推測の域を出ないが、しかし、確かにそう思ってしまうような現象が上記画像のように実際に起きている。

また、はてながはてなブロガーの記事を注目記事にする判断基準として、サイトや記事のアクセス数も判断材料になっている可能性もあるかもしれない。

 はてなトップに載る仮説パターンをまとめると

1.たくさんのはてなブックマークが付いた場合。(はてなブックマーク・ブログ)

2.たくさんのはてなスターが付いた場合。(はてなブログ)

3.一定数以上?のはてなブログの読者数。

4.アクセス数。

5.記事の質、面白さ。

といった具合に分けられる。

 

もしこれらのことが本当で判断基準の一つなら、はてなスターも表示させた方が注目記事となる可能性が増し、アクセス数もアップするのかも知れない。

とは言え、私ははてなやはてなブログの中の人でもその道の専門家でもないただのはてなユーザー・ブロガーなので、ただの推測と言われればそれまでだが、

はてなスターがこれらのような役割と意味合いを持っているかもしれない可能性がある以上、私は載せておこうと思う。後は個人の判断ではてなスターを表示させた方が良いのかどうか判断すればいいだろう。 

・はてなスターを表示させる意味があると思う理由のまとめ

1.はてなスターがはてなブログ注目記事の判断材料の一つである可能性がある。

2.はてなスターが押されると記事を書くモチベーションが上がる。しかもそれがレアだと嬉しい。

3.はてなスターから交流の輪が広がるかもしれない。

私が結局はてなブログに戻ってきた3つの理由と良い所・悪い所&運営への要望。

Hatena


多分私がブログらしきものを始めてからはや5年以上の月日が過ぎた。

始まりは確か無料ブログであるFC2ブログや無料のレンタルサーバーでのWordPress等から初めて、しばらくしてから評判の良いはてなブログを使いだし、

その後Googleのblogspotに切り替えたものの、またはてなブログに戻ってそのまま使い続けるのかと思いきや、

今度はエックスサーバーのWordPressに移動するという節操のなさを見せ、やっと落ち着いたのかと思わせておいて、挙句の果てにまたもやこのはてなブログに見事に舞い戻ってきてしまった。

時系列でまとめると、FC2ブログ無料鯖のWP→はてなブログ→Blogspot→はてなブログ→エックスサーバーWP→はてなブログといった具合である。

こうしてみると良く飽きもせず&移転の労苦を惜しまず、様々なサービスを変えたものだと思った。まるで渡り鳥である。

しかし、他のサービスは一度しか利用していないが、はてなブログに関しては今回で三度目となり、なんだかんだではてなブログを一番気に入っているのかもしれない。

という訳で、前置きはこれくらいにしておいて本題の私がはてなブログに結局戻ってきた理由と他と比較して良いところ良い所、悪い所を書いていきたいと思う。

まず、何故はてなブログに今更舞い戻って来たのかという謎だが、ズバリその最大の原因は、記事数が代わり映えしないのに他サービスでのサイトアクセスが、はてなブログでの最大アクセス(と言っても一日100~120程度。)を越すことが出来なかったことが一つ。

二つ目は、WordPressに関して言えばプラグインなどで自由に色々と設定できるが、メンテナンスが面倒で手間がかかるということ。他の人も書いていることだが、それによって記事を書くことにあまり集中できなかったこと。

三つ目は、はてなブログだと機能面で記事作成時に過去記事やAmazonYouTubeなど色々と貼り付けやすいのと、はてなスターがあるので押されると気に入られたのが分かる&やる気が出て記事を書くモチベーションが上がること。はてなブックマークがつきやすいからということ。(勿論、WordPressにもプラグインで設置はできる。)

他にもいくつか理由(年間のサーバー代とはてなブログのProの料金の違い。年間契約だとはてなが安いこと。)はあるが理由をあげるとこんな感じになる。

 

次は、はてなブログの良い所と悪い所を考えてみようと思う。

はてなブログの良い所

1.よく言われていることだがアクセスが集まりやすい。(私の場合はそうだった。)

 

2.はてなの運営が管理してくれるので、記事執筆に集中できる。

 

3.あまりカスタマイズの必要がなくすぐにブログが書ける。なので初心者に優しい。

 

4.色々と過去記事やYouTubeなどを挿入出来る機能が元からある。

 

5.はてなスターはてなブックマークが付くとやる気が出て記事を書くモチベーションが上がる。

 

6.はてなのサービスなのではてなブックマークが付きやすい。

 

7.はてなには同じ興味を持った人向けのグループがある。

 

8.書くことが見つからない人でも、お題があるので気軽にブログが書ける。

 

9.程度にもよるが、ブックマークがたくさん付いて注目されるとおすすめ記事やランキング、はてなトップページに載せてくれる。そしてアクセスが増える。

 

10.はてなブログは上記のように高機能で至れり尽くせりなのに基本無料。

 

11.上位のProプランでも年間契約すればサーバー代(私の場合・年間およそ1万2千円~。)より安くてお得。( 1年間だと30%OFFの8,434 円 、2年間だと 40%OFFの14,400 円。※2017年1月14日現在。)

 

12.使ったことはないがはてなのアプリを作ったり、サービスに日々色々と改良を加えてて、なんだか運営のやる気とチャレンジ精神を感じる。

 

13.アフィリエイト広告(グーグル・アマゾンなど)の制限がなくなり、規約違反にならない限り自由に貼れるようになった。

 

はてなブログの悪い所

1.借りていたサーバーと比べると表示速度がやや遅いこと。特に管理画面のデザインを表示する時やプレビュー時。

 

2.カスタマイズの必要性があまり無い反面、完全に自分好みに設定できないこと。

 

3.はてなブックマークを仲間同士でつける人が居そうなこと。

 

4.無料版だと多分PCよりもスマホで広告表示が多いこと。(運営上、経営するにあたって仕方がないことかもしれない。有料版は消せる。)

 

5.記事のコピー禁止設定がなくコピーサイト対策できないこと。

 

6.リンク切れがチェックできないこと。

 

7.アップロードする・した画像を圧縮する機能がないので、その前に自分でしなければならないこと。

 

8.上記の良い所で挙げたアプリの動作が不安定な感じがすること。

 

9.はてなブログスマホモードで記事を書くと、メニューが簡易表示となり太字やカテゴリー設定などができない。

 

10.はてなブログスマホで見ると注目記事はあっても、デフォルト設定でカテゴリー表示がない。

 

こうしてざっと良い所と悪い所を書いてみたが、他にも色々な点があるかも知れないにせよ、良い所が悪い所を上回る結果となった。

はてなの運営に対する改善要望は悪いと思われる所で書いた1.の表示速度と5.コピー対策、6.リンク切れ対策、7.画像圧縮設定、9.スマホモードのメニュー改善を個人的に要望としたいが、

中でも優先順位が高いと思われるのは1.と5ではないだろうか?

1は、はてなユーザーの不満に直結するし、サイト訪問者の満足度にも影響するだろうからと言うこと、

5は、他のブログサービスもそうだが、コピーサイトまたはパクリ記事の出現でユーザーが迷惑し、対応しなければならない場合や先にインデックスされたりしたら、最悪コピーサイトが上位表示される被害も考えられるからだ。

 

以上好き勝手にはてなブログのことを書いたが、私個人としては満足しているし、ユーザー数の多さやその注目度からして他のはてなブロガーも概ね満足していると思う。

はてなの運営には上記の要望を考慮してもらい、できるものから改善してくれれば、今以上により良いブログサービスとなるのではないかと思う。

何はともあれ、もしもはてな運営がこの記事を見ていてくれたなら、是非とも検討し実行に移してほしいと思う。

 

はてな運営さんよろしくお願いします。m(_ _)m

オリジナル詩、ポエム・12・人生と運命 ~王子と王女~

Château de Versailles, galerie des glaces

 

僕は産まれる。私は埋まれる。

僕は生きてる。私は死んでる。

君は誰?貴方は誰?

僕は王子。私は王女。

君は生きた。君は死んだ。

貴方は生きる。貴方は生きてる。


僕らの「生まれ」はとっても似てる。

私達の「育ち」もとっても似てる。

僕は王子。私は王女。


僕らの「性」は違ってる。

私達の「生」も違ってる。

僕は生きてる。私は死んでる。

とっても似ていて、全然違う。

彼は王子。彼女は王女。

オリジナル詩、ポエム・11・人生と運命 ~灯火~

f:id:Planetalian:20170111232425j:plain

陽(ひ)も沈んだ闇の中、

夜の帳(とばり)が下りる頃、

僅かな焔(ほのお)輝かせ、

そっと辺りを照らし出す。


夜空に瞬く星のよに、

命の焔輝かせ、

そっと辺りを照らし出す。


微かな焔揺らめいて、

遠い記憶を照らし出し、

あの頃の日々が蘇る。


微かな記憶揺らめいて、

あの頃の日々が蘇る。


命の焔輝いて、

遠い日々を照らし出し、

あの頃の記憶蘇る。


霞んだ視界、滴(したた)る涙。

遠い記憶と迫る死期。

無情に過ぎ去る歳月が、

あの日の記憶を奪い行く…。


無情に迫る私の最後。

迫り来る最後の日。


私の灯火、命の焔。

私は確かに生きている。

オリジナル詩、ポエム・10・愛と恋愛 ~愛しい光~

Some rights reserved by Khánh Hmoong

 

どれだけの、

嗚呼(ああ)、どれだけの時が過ぎ去ってしまったのだろう?

君を始めてみた時から、

君と初めて目があった時から、

君に恋してから、

君に愛を告げ、捧げてから、

嗚呼、一体どれだけの時が過ぎ去ってしまったと言うのだろうか?

 

季節は巡り、陽(ひ)は沈む。

いくら月日が過ぎようと、

いくら世界が変わろうと!

君に別れを告げてから、

さようならを告げてから、

君がこの世を去ってから!

どれだけの、

嗚呼、どれだけの時が過ぎようとも、

癒えることのない悲しみが、

深き悲しみが、押し寄せる。

深海の如く深き悲しみに、私は沈んだ。

決して光の射すことのない深海に私は沈んだ。

私は光を失った。

私の光を失った。

 

「陽」の光なら、再び昇ると言う人もいるでしょう。

しかし私の太陽は、愛しい陽の光は、

一度沈んだが最後、もう二度と昇ることはありません。

愛しい人は死んだのです。

愛しの光は死んだのです。

オリジナル詩、ポエム・9・愛と恋愛 ~君に勝る星、絶えてなし~

 

銀河に遍(あまね)く、星数多(あまた)。

広い空を目を凝らし、遠い銀河を見てみれば、

一際(ひときわ)輝く星ありて、絶えずその星、光を放ち、

いつも私を魅了する。

君という星輝いて、いつも私を魅了する。

 

銀河に数多、星在れど、君に勝る星、絶えてなし。

広い銀河を見渡せど、君に勝る星、絶えてなし。

君に勝る星、絶えてなし。

オリジナル詩、ポエム・8・愛と恋愛 ~春の風の歌~

 

春を告げる風の中、

私はふと思い出す、

若き日のあの歌を、

春を告げる風のよに、

自由気ままに吹きすさび、

春を告げるあの歌を、

春の陽(ひ)の光の如く、

優しく全てを包み込み、

春を歌うあの人を、

優しく歌うあの人を、

思い出す…。

 

嗚呼(ああ)、吹きすさぶ春風よ、

聞かせておくれ、

あの歌を、

今は亡きあの歌を、

あの人の歌声を、

聞かせておくれ…。